VIVE LA MARIEE(ヴィーヴ ラ マリエ)/LES PARFUMS DE ROSINE PARIS(パルファン ロジーヌ パリ)


Profile

レディース

2013年発売

フローラルタイプ

特徴的なノート:フルーティノート

 

トップノート:ベルガモット、ネロリ、ライチ

ミドルノート:ジャスミンサンバック、オレンジフラワー、ローズ、マグノリア、シャクヤク、フリージア

ラストノート:パチュリ、アンバー、トンカマメ、シダー、ムスク、サンダルウッド、プラリネ、バニラ


最も美しい1日の感動と幸せをイメージしたフローラルフルーティの香り。

多彩なバラの香りにこだわり続け、エレガントな女性たちへ捧げる作品を創作するメゾンフレグランスブランド「パルファン ロジーヌ パリ」。パリの郊外、ピカルディーにある自身のバラ園が、香りのインスピレーションの源です。

 

そんなブランドより2013年に発売されたヴィーヴ ラ マリエ。真珠のような白に淡いピンクが重なり合う花びらを持つムスリーヌローズは、幸せな花嫁が纏うドレスのよう。人生で最も美しい1日の感動と幸せをホワイトボトルに詰め込んだフェミニンで繊細な香りはまるでマリッジブーケを連想させます。ライチのベルガモットが加わり爽やかかつジューシーなフルーティの香り立ちから、ローズをはじめとするフローラルブーケが華やかに広がります。


フランスパリのメソッド、調香技術、スタイリング技法を学んだパルファンスタイリストが香水をご紹介!

香りは目に見えないもの。香水を纏う時は、香りの印象のみがあなたの印象へと刻み込まれます。