Violet Ida(バイオレットアイダ)/Miller Harris(ミラー ハリス)


Profile

ユニセックス

2019年

フローラルタイプ

特徴的なノート:パウダリーノート

香りの構成:

トップノート:ベルガモット、キャロット

ミドルノート:イリス、ヘリオトロープ

ラストノート:バニラ、アンバー


キャロットの風味とヘリオトロープのアクセントを活かした、パウダリックな香り。

2000年に調香師リン・ハリスによって設立したロンドンのフレグランスブランド、ミラーハリス 。モダンな英国の世界観を体現し新たな革新を遂げているメゾン。厳選された植物由来の天然香料へのこだわりは、創業当初から決して変わる事の無いミラー ハリスの真髄です。天然香料を贅沢に使用したフレグランスは香料そのものの香りを活かし、人の肌をキャンバスに見立てつくられたように作品が創作されています。

 

そんなブランドのカラーコレクションより2019年に発売されたViolet Ida(バイオレットアイダ)。映画ブライトン・ロックの世界にインスパイアされた、コントラスト、色彩、そしてノスタルジーの世界を表現した作品です。このコレクションは、文学からインスピレーションを得て、フレグランスにコンテンポラリーな物語を注ぎ込んでいます。

 

Violet Ida(バイオレットアイダ)は、“ブライトン ロック”に登場する女性、Ida(アイダ)を “バイオレット アイダ”のミューズとしてイメージしています。 心優しいヒロイン “アイダ”のヘアカラーはバイオレット。そして絶望的な世の中で、善良、忍耐、道徳の見本のような存在でした。思い出の散策、“バイオレット アイダ”は、ヒロイン “アイダ”のヘアスタイルのような甘美なバイオレットの

アクセントをちりばめた、官能的なイリスがパウダリーに広がる肌のソフトで温かなタッチを思わせる香りです。香りは、バニラ、ヘリオトロープがトロッとした甘さをイリスを引き立てるように感じさせ、キャロットのあたたかみのある香りが、ヒロインの心優しい印象を演出してくれるかのよう。控えめだけど、忍耐、道徳の見本となるようなしたたかな女性らしさを感じさせます。


フランスパリのメソッド、調香技術、スタイリング技法を学んだパルファンスタイリストが香水をご紹介!

香りは目に見えないもの。香りの印象があなたの印象へと刻み込まれます。