VETIVER(ベチバー)/GUERLAIN(ゲラン)


Profile

メンズ

1959年発売

ウッディタイプ

特徴的なノート:シトラスノート

香りの構成:

トップノート:ナツメグ、コリアンダー、マンダリン、ネロリ、ベルガモット、タバコ、レモン

ミドルノート:カーネーション、サンダルウッド、ブラックペッパー、イリス、セージ、ベチバー

ラストノート:レザー、トンカマメ、アンバー、シベット、オークモス、べチバー、ミルラ


ゲランが作るベチバーの香りのキーは、レザーとオークモス。そしてフレッシュな香り。

ゲラン家で最後の調香師となったジャン=ポール ゲランの調香による香水。彼は自宅の庭からこの香りのインスピレーションを得ました。それは、ときにたばこの香りや土の香りがするものでした。ベチバーの香りを基調にして、レモンなどのシトラスノート、ペッパーや唐辛子などのスパイシーノート、ベースにたばこの香りを利かせて処方を作りました。ベチバーという名前の男性用香水は1957年から59年にかけて多くのブランドで発売。ベチバーの香りはインパクトがあり、男性向けの香りによく合います。「Vetiver(カルバン社)」初めてベチバーをテーマにした香水。「Vetiver(ゲラン社)」はたばこの香りをベースに、レザーノートとオークモスによっが特徴的な香りです。深みがあり力強さも感じさせながらも、フレッシュな印象を感じます。その後に、「Vetiver(ジバンシィ)」、アザロの「Vetiver」、ランバンの「Vetiver」等も次々と登場します。


フランスパリのメソッド、調香技術、スタイリング技法を学んだパルファンスタイリストが香水をご紹介!

香りは目に見えないもの。香水を纏う時は、香りの印象のみがあなたの印象へと刻み込まれます。