UN JARDIN SUR LA LAGUNE(ラグーナの庭)/HERMES(エルメス)


Profile

ユニセックス

2019年発売

フローラルタイプ

特徴的なノート:ウッディノート

香りの構成:

マグノリア、リリー、トベラ、マリンノート、ウッディノート


秘密の園に辿り着くまでの情景を楽しめる作品。

エルメスの庭シリーズより2019年に発売された、ラグーナの庭。以前までは専属調香師ジャンクロード・エレナが手がけていたが、専属調香師がクリスティーヌ・ナジェルに代わり初めての作品となります。舞台はベネチア。そこは世界でもっとも透明な水の都とされ、その中心にひっそりと息づく秘密の園をイメージした作品。ラグーナのほとりに聞こえてくる穏やかで優しい樹木の息づかい等をイメージして創作された作品です。秘密の園にたどり着くまでは、霧がかかったほんのり魅惑的な樹木が広がる道(ウッディノート)を歩くよう。そこに木漏れ日のように光に当たる冷たいマリンノートの水が広がり、秘密の園にたどり着く。そんなイメージが感じられました。だんだんマグノリアのあたたかい香りが広がると同時に、木漏れ日の光が全体を光照らすように晴れたような風景を感じさせます。


フランスパリのメソッド、調香技術、スタイリング技法を学んだパルファンスタイリストが香水をご紹介!

香りは目に見えないもの。香りの印象があなたの印象へと刻み込まれます。