UNE TONNE DE ROSES/8 (ユヌトンドゥ ローズ)/PARLE MOI DE PARFUM(パルル モア ドゥ パルファム)


Profile

ユニセックス

2016年発売

フローラルタイプ

特徴的なノート:フルーティノート、フローラルノート

香りの構成:

ローズ、パチュリ、ラズベリーケトン


抱え切れないほどのたくさんのバラを。誰からも愛されるモダンローズ。

2016年にパリのマレ地区にて設立されたメゾンフレグランスブランド「PARLE MOI DE PARFUM(パルル モア ドゥ パルファム)」。創設者は様々なフレグランスを手がけてきた調香師、ミシェル・アルメラック氏とそのファミリー。ブランド名は、「香りの魅力について語り合いましょう」というフレグランスに対する熱い思いが込められています。200以上から成る香りの素材をアーティスティックかつモダンな香りを創作しています。

 

そんなPARLE MOI DE PARFUM(パルル モア ドゥ パルファム )より2016年に発売された作品。

この作品は、バラを抱え切れないほどたくさんのバラの花びらがシャワーのように降り注ぐバラを讃える 陽気なフィエスタ(祝祭り)をイメージしています。

ローズにパチュリをプラスし野性的かつエレガントな香りに。モダンな印象を与えます。

フルーティなローズの瑞々しくジューシーなバラを連想させます。まるでローズガーデンにいるかのように優しい方向が漂い広がりを見せます。魅惑的にも感じるローズは誰からも好かれるような女性像を連想させます。


フランスパリのメソッド、調香技術、スタイリング技法を学んだパルファンスタイリストが香水をご紹介!

香りは目に見えないもの。香水を纏う時は、香りの印象のみがあなたの印象へと刻み込まれます。