TOTALLY WHITE/126 (トータリーホワイト)/PARLE MOI DE PARFUM(パルル モア ドゥ パルファム)


Profile

ユニセックス

2016年発売

フローラルタイプ

特徴的なノート:フローラルノート

香りの構成:

リラ、スズラン、バイカウツギ、ジャスミン


優しいパステルカラーや純白の花々。美しく花の爽やかさと生命感を感じる香り。

2016年にパリのマレ地区にて設立されたメゾンフレグランスブランド「PARLE MOI DE PARFUM(パルル モア ドゥ パルファム)」。創設者は様々なフレグランスを手がけてきた調香師、ミシェル・アルメラック氏とそのファミリー。ブランド名は、「香りの魅力について語り合いましょう」というフレグランスに対する熱い思いが込められています。200以上から成る香りの素材をアーティスティックかつモダンな香りを創作しています。

 

そんなPARLE MOI DE PARFUM(パルル モア ドゥ パルファム )より2016年に発売された作品。

舞台は、パリのモンソー公園で迎える、ある春の朝。

透明な光の中に咲き乱れる、 優しいパステルカラーや純白の花々。 花々の刻々と変化する濃密な香りが公園中に漂い、通り過ぎる人々を包み込み、 自然のもつ爽やかで力強い生命力を吹き込みます。石鹸のようにクリアで清潔感を与えてくれるホワイトカラーを連想させます。さらにお花の生きたユリを連想させるような印象です。

 


フランスパリのメソッド、調香技術、スタイリング技法を学んだパルファンスタイリストが香水をご紹介!

香りは目に見えないもの。香水を纏う時は、香りの印象のみがあなたの印象へと刻み込まれます。