THE COVETED DUCHESS ROSE(ザ コヴェテッド デュシェス ローズ )/PENHALIGON'S(ペンハリガン)


Profile

レディース

2016年発売

フローラルタイプ

特徴的なノート:ウッディノート

香りの構成:

マンダリン、ローズ、ムスク、ウッディノート


ピュアなローズが若さと美しさを。楽園へと導く喜び

英国王室御用達フレグランスブランド、ペンハリガン。1870年、ロンドンで一軒の理髪店からスタートしました。1872年、創設者であるウィリアム・ペンハリガン は、ジャーミンストリートの自分の店に隣接するトルコ式風呂からヒントを得え最初の香水が誕生しました。ペンハリガンが熟知しているのは、心を動かす香りの力です。後に「英国王室御用達の理髪師兼香水商」の称号が与えられ、創業時からの創造的かつ革新的な香水づくりという遺産を引き継ぎ、現代のペンハリガンは由緒正しい伝統と奇抜さを持ち合わせています。製品は今もなお英国で作られ、上質な香料を贅沢使用しています。

そんなペンハリガンより2016年に発売された「THE COVETED DUCHESS ROSE」。イギリスの上流階級を舞台にした物語をテーマにした「ポートレート コレクション」。登場人物一人一人をイメージしています。

 

誰からも愛されるローズ公爵夫人は “若い美しさ・ずる賢さ”を兼ね揃えています。控えめな公爵夫人は、結婚をしてからずっと胸部を締め付けているヴィクトリア風のコルセットのような毎日から解放されることを夢見ています。それは楽園のような。そんな彼女を楽園へと導く悦びを香りで表現しています。初めて地上を濡らす雨のようにピュアで、冷やしたローズのように清々しいきらめきを感じさせます。ウッディの香りはベースの香り立ちから落ち着いた賢さ=ずる賢さを表現しているように感じられます。

 


フランスパリのメソッド、調香技術、スタイリング技法を学んだパルファンスタイリストが香水をご紹介!

香りは目に見えないもの。香水を纏う時は、香りの印象のみがあなたの印象へと刻み込まれます。