SPICE BLEND(スパイス ブレンド)/DIOR(ディオール)


Profile

ユニセックス
2019年発売
オリエンタルタイプ
特徴的なノート:スパイシーノート
香りの構成:

トップノート:ラム、ジンジャー

ミドルノート:ベイローズ、ブラックペッパー、ナツメグ、シナモン、クローブ、コリアンダー

ラストノート:ベイリーフ、ウッディノート


エキゾチックな記憶を。数種類のスパイスに込めて。

揺るぎない女性らしさとその美しさ、生きる歓びや自由を香りで纏うことをテーマとするディオール。すべての女性に、気品のある佇まいと魅惑的なシルエットに捧げることが「ディオール」がメゾン創立当時から抱き続ける使命です。

クリスチャン・ディオールより日々の空間で香りを彩るように、上質なライフスタイルを香りで包むような提案をするシリーズ”メゾン クリスチャン ディオール”。また作品は、クリスチャンディオールの生家にあった花々にインスパイアされています。

 

そんなシリーズより2019年に発売されたSPICE BLEND(スパイス ブレンド)。調香師フランソワ・ドゥマシーが幼少期の父親の薬局の棚に置かれていた、興味のそそられるボトルよりインスパイアされた作品です。その時のエキゾチックな記憶の情景を温かみのある数種類のスパイスを用いて作られた作品です。それは、炎のような情熱を焚きつけるか、それとも清々しい爽快感をもたらすか。気まぐれな作品。

香りは、軽やかで穏やかなタッチから、温かみのあるシナモンやナツメグ、すっきりとしたジンジャーやスカッとしたコリアンダー、軽やかなベイローズなど、それぞれのスパイスの個性が柔らかいタッチで繰り広げる。

構成だけ見ると、とてもスパイシーが効いているようにも感じますが、穏やかに調和されているため、スパイス好きには安心して纏うことができる作品です。ミステリアスな印象へと導きます。


フランスパリのメソッド、調香技術、スタイリング技法を学んだパルファンスタイリストが香水をご紹介!香りは目に見えないもの。香水を纏う時は、香りの印象のみがあなたの印象へと刻み込まれます。