Si(シィ)/ GIORGIO ARMANI(ジョルジオ アルマーニ)


Profile

レディース

2013年発売

シプレタイプ

特徴的なノート:フルーティノート

 

トップノート:カシス

ミドルノート:ローズ、フリージア

ラストノート:バニラ、ウッディーノート、パチュリ、アンブロクサン


大人の魅力。リキュールのような深みのある香り

目を引くのではなく、記憶に残るエレガンスを。覆い隠すのではなく引き立たせることを目的としたメイクアップブランド。

1974年、「モードの帝王」と呼ばれるジョルジオ・アルマーニが自身の名で立ち上げたブランド。そしてメイクアップブランド、ジョルジオ アルマーニ ビューティでは、彼が持つファッションの感性と美学を追求。いつの時代にも色あせずに、洗練されたエレガンスを追求しています。

 

そんなブランドより2013年に発売された「Si」は女性の持つ柔らかな上品さと芯の強さという二面性を表現した作品です。

 「Si」は近年発売された香水ですが、実は香水を学ぶ際にはよく登場する作品です。というのは、「モダンシプレ」の特徴が分かりやすくトレンドを掴むためにも、この香水はよく紹介されます。「シプレ」という香りの種類がありますが、現在では「モダンシプレ」と「クラシカルなシプレ」では同じシプレでも全く異なった香りです。クラシカルなシプレとはゲランの「ミツコ」などが代表的ですが、現代のシプレは、全く異なったものですのでまた今後そちらについてはご紹介しますね。「Si」はよく紹介され、最初は、ボリュームとコクのある香りが特徴的だなっという印象でしたが、時間が経つにつれ、凄く気になり始め、購入に至りました。

 

香りの特徴はというとローズの華やかさにカシスのジューシーさやバニラの深みと厚みが加わることで、あたたかさと女性らしさを。さらにパチュリを特徴としたウッディノートが組み合わさることで凛とした芯の強さを感じさせます。自信を持って生きる魅力的な女性たちのために作られた香り。独立心を持つ現代的な女性に捧げるようなモダンシプレタイプの香りです。まるでリキュールのようにと表現していますが、まさにカシスのフルーティさがカクテルのようなお酒のような印象に導き、それが大人の印象を演出してくれます。深みのある香りですので、秋冬にオススメです。


フランスパリのメソッド、調香技術、スタイリング技法を学んだパルファンスタイリストが香水をご紹介!香りは目に見えないもの。香水を纏う時は、香りの印象のみがあなたの印象へと刻み込まれます。