SALE GOSSE(サル ゴス)/FREDERIC MALLE(フレデリック マル)


Profile

ユニセックス

2017年発売

フローラルタイプ

特徴的なノート:アルデハイドノート、アロマティックノート

香りの構成:

プチグラン・ビガラード、ベルガモット、ローマン、スミレ、ストロベリー、ローズ


「サルゴス」とは「悪ガキ」のこと。フレッシュなネロリの香り。

2000年、フランスパリで誕生したフレグランスブランド、“フレデリック・マル”。原材料、時間、テクノロジー、その全てにおいて制限を設けず、自由に香りを創造する新しいコンセプトのフレグランスメゾンです。創設者のフレデリック・マル氏は、香水のコンサルタントとして様々なブランドや調香師と関わり、香りをプロデュースしてきた経歴を持ちます。そんな中で彼は、売れる香りを作るためにブランドやマーケティングにより厳しい制限を設けられた調香をみてきたため、調香師の制限を開放し、自由な創作を。マル氏が見込んだ調香師たちが、思うがままにアイデアを表現した香りを作ります。

 

そんなフレデリックマルより2017年に発売された作品。日本では新宿伊勢丹のみの限定販売のようです。フランス語で「悪ガキ」という意味を持つ作品はネロリの香りをより感じる作品です。これまで子供用、あるいは子どもの頃を連想する作品は「ネロリ」が多く用いられており、こちらもその一つではありますが、なんと言っても特徴的なのは、アルデハイド調のメタリックな香りが感じられることです。ネロリとプチグランの香りがナチュラルに爽やかさを演出し、アルデハイドと共にほんのりパウダリっくなすみれがテーマの悪ガキっぽさを演出しているようです。フレッシュなフローラルの香りが広がります。

掲載時:100ml 28,600円


フランスパリのメソッド、調香技術、スタイリング技法を学んだパルファンスタイリストが香水をご紹介!

香りは目に見えないもの。香水を纏う時は、香りの印象のみがあなたの印象へと刻み込まれます。