SAKURA(サクラ)/DIOR(ディオール)


Profile

レディース(ユニセックス)

2018年発売

フローラルタイプ

特徴的なノート:パウダリーノート

香りの構成:

トップノート:グリーンノート

ミドルノート:ジャスミン、ローズ、サクラ、へディオン

ラストノート:ミモザ、スミレ、ホワイトムスク


控えめなオーラのような存在感こそが美しい繊細な桜の花。

揺るぎない女性らしさとその美しさ、生きる歓びや自由を香りで纏うことをテーマとするディオール。すべての女性に、気品のある佇まいと魅惑的なシルエットに捧げることが「ディオール」がメゾン創立当時から抱き続ける使命です。クリスチャン・ディオールより日々の空間で香りを彩るように、上質なライフスタイルを香りで包むような提案をするシリーズ”メゾン クリスチャン ディオール”。また作品は、クリスチャンディオールの生家にあった花々にインスパイアされています。

 

そんなシリーズよりサクラは日本で出会った桜よりインスパイアされた作品です。日本に滞在していたある春の日、私ははっと息を飲むような桜と出会いました。その桜の木は 小さく華奢でありながら、何千本もの桜が咲く 絶景を想起させるような驚くほど存在感のある 香りを放っていました。繊細で心惹かれる香りはどこまでも。ローズを中心としたフローラルが桜色を連想させ、そこにスミレやミモザのパウダリックな香りが全体を引き締めながらもデリケートな桜の花を思わせます。そこにジャスミンとヘディオンが香ることで、ただの桜でなく「存在感」を出します。ユニセックスですが、女性におすすめです。特に日本人女性がほんのり香らせたいと言うのを叶えてくれそうな主張したい存在感でなく、控えめなオーラのような美しい存在感を演出してくれそうです。

掲載時:40ml 12,650円、125ml 28,600円、250ml 40,150円


フランスパリのメソッド、調香技術、スタイリング技法を学んだパルファンスタイリストが香水をご紹介!香りは目に見えないもの。香水を纏う時は、香りの印象のみがあなたの印象へと刻み込まれます。