Reminisce(レミニス)/ÉDIT(h)(エディット)


Profile

ユニセックス

2018年

ウッディタイプ

特徴的なノート:レザーノート、スパイシーノート

香りの構成:

トップノート:レモン、ベルガモット、フランキンセンス、エレミ

ミドルノート:クローブ、サイプレス

ラストノート:ベンゾイン、サンダルウッド、レザー


心に秘めた記憶の片隅に触れるような。

ÉDIT(h) エディットは、1905年に東京、駿河台で創業した朱肉ブランドが始まりです。創業の頃より続くクラシックな朱肉作りにおいて使用される天然素材は、フレグランス関連商品の材料として使用されるものを含み、独自にアジア由来の香料を朱肉に配合して香り付けをしてきました。また日本人にとって捺印とは、アイデンティティの証明であり、絆の結束です。

そして香りもアイデンティティや結びつきを印すエレメントのように、纏った香りはその人自身の一部となり、また人は、香りによってその人を心に留めるという価値観のもとフレグランスを提供しています。

 

そんなブランドより発売された、Reminisce(レミニス)。誰しもが心に秘めた記憶の片隅に触れるような。大切な人。思い出の場所。懐かしい記憶…。この香りは、レザー、クローブのスパイシーな香り、スモーキーなウッディの香りがそれぞれ香りを感じさせます。かっこよくクールな印象へ導きます。


フランスパリのメソッド、調香技術、スタイリング技法を学んだパルファンスタイリストが香水をご紹介!

香りは目に見えないもの。香水を纏う時は、香りの印象のみがあなたの印象へと刻み込まれます。