PETIT TRIANON(プチトリアノン)/PARFUM SATORI(パルファン サトリ)


Profile

レディース

2012年発売

フローラルタイプ

特徴的なノート:グリーンノート、ムスキーノート

 

香りの構成:

トップノート:シトラス、ヒヤシンス、 ネロリ

ミドルノート:ローズ、ジャスミン、クローブ、カーネーション

ラストノート:ムスク、アンバー、サンダルウッド


真実の美を追求した女性が憧れるフローラルの香り

日本の美しい情景を香りに織り込んだ作品を手がける”国境なき日本の香り”をコンセプトとしたブランド「パルファンサトリ」。

 

“この作品は、ヴェルサイユ宮殿の離宮の情趣あふれる田園風景を愛した王妃マリー アントワネットがもっとも幸せに時を過ごした場所が舞台となります。18世紀のフランス宮廷御用達調香師、ジャン ルイ ファージョンが素顔の王妃に捧げた香りをイメージし、また偉大な調香師自身へのオマージュとして誕生しました。おそらく彼のアトリエには、たくさんの香料と花々の香りが満ちあふれ、彼の髪や衣服からは、夢見るような香りが漂っていたことでしょう。極めて優雅な時代に、真実の美を追求した人へのあこがれを、この香りにこめました。やわらかな花々の間に、凛とした横顔が感じられます。”

「https://parfum-satori.com/?pid=51664748」を引用

 美しい凛とした透明感のあるヒヤシンスの香りが特徴的な香りは花々が織りなす美しい香りの特徴がこの作品に込められているような品格と清潔感、美しさを備えた作品。クローブをほんのりと効かせることで透明感を強調させムスクを全体的に包み込むよう。背筋を伸ばし美しい所作を持つ女性とすれ違ったときに感じられそうなフローラルブーケの香りです。


フランスパリのメソッド、調香技術、スタイリング技法を学んだパルファンスタイリストが香水をご紹介!

香りは目に見えないもの。香水を纏う時は、香りの印象のみがあなたの印象へと刻み込まれます。