PARIS RIVIERA(パリ リヴィエラ)/CHANEL(シャネル)


Profile

ユニセックス

2019年発売

フローラルタイプ

特徴的なノート:シトラスノート

香りの構成:

トップノート:オレンジ、フローラル、シトラス

ミドルノート:ネロリ、ジャスミン

ラストノート:ベンゾイン、サンダルウッド


優雅で穏やか。人生の甘美な贅沢なひと時を。

パリ リヴィエラは、1920年代の穏やかで陽光にあふれたコート ダジュールの情景をイメージした作品です。

1928年、ガブリエル シャネルはコート ダジュールに、休暇を過ごすための別荘ラ パウザを建てました。素晴らしい眺望と刺激的なライフスタイルが評判となり、この地はフレンチ リヴィエラと呼ばれ親しまれ、社交界の新しいホットスポットとなりました。パリ リヴィエラの陽光にあふれたフローラル フレッシュノートは、人生の甘美なひと時を思い起こさせます。オレンジのジューシーなフルーティの香りが特徴的。


フランスパリのメソッド、調香技術、スタイリング技法を学んだパルファンスタイリストが香水をご紹介!

香りは目に見えないもの。香水を纏う時は、香りの印象のみがあなたの印象へと刻み込まれます。