PARIS DEAUVILL(パリ ドーヴィル)/CHANEL(シャネル)


Profile

ユニセックス

2018年

シプレタイプ

特徴的なノート:グリーンノート、シトラスノート

香りの構成

トップノート:バジル、オレンジ、ベルガモット、レモン、ライム、プチグラン・ビガラード

ミドルノート:ジャスミン、ローズ、グリーンノート、ヘディオン

ラストノート:パチュリ


ゆったりとした自然の美しさに魅了された場所ドーヴィル。

2018年に新たなシリーズLes Eaux De Chanelが発表された。このシリーズは、ガブリエル・シャネルの人生に深く関わる、街のスピリットを映しだすことをテーマとして旅の記憶のように感情的で新鮮さの感覚を香りで表現しています。DEAUVILLはマドモアゼル シャネルが最初のブティックを開いたノルマンディー海岸のリゾート地からインスパイアされた作品です。1913年、マドモアゼル シャネルはドーヴィルに自身初のファッション ブティックをオープンさせました。シャネルは、新鮮で澄んだ空気、ゆったりとした自然の美しさに魅了されました。その旅の記憶をグリーンノートがアクセントとなる香りで表現しています。優しく澄んだ空気をレモンやライム、ヘディオンでクリアで澄んだ空気感を演出しグリーンノートがより自然のナチュラルな印象に導きます。そこにはほんのり気品を感じるモダンシプレの香りです。

掲載時:50ml 9,000円、125ml 16,000円


フランスパリのメソッド、調香技術、スタイリング技法を学んだパルファンスタイリストが香水をご紹介!

香りは目に見えないもの。香水を纏う時は、香りの印象のみがあなたの印象へと刻み込まれます。