PARIS BIARRITZ(パリ ビアリッツ)/CHANEL(シャネル)


Profile

ユニセックス

2018年

フローラルタイプ

特徴的なノート:シトラスノート

香りの構成

トップノート:タンジェリン、グレープフルーツ、ベルガモット、レモン、オレンジ

ミドルノート:スズラン、ネロリ、グリーンノート

ラストノート:ホワイトムスク、パチュリ


弾けるようなシトラスの香りで空気感とスポーティでアグレッシブルなエナジーを

2018年に新たなシリーズLes Eaux De Chanelが発表された。このシリーズは、ガブリエル・シャネルの人生に深く関わる、街のスピリットを映しだすことをテーマとして旅の記憶のように感情的で新鮮さの感覚を香りで表現しています。BIARRITZはマドモアゼル ・シャネルがこよなく愛したバスク海岸の澄みきった空気感とエナジーがインスパイアされた作品です。彼女がビアリッツを初めて訪れたのは1915年のこと。海にごく近い、スポーティでファッショナブルな雰囲気が漂うこの港町に、マドモアゼルはすぐ心を奪われました。そして、カジノの向かいにある別荘を、自身初のクチュールハウスとしたのです。弾けるようなグレープフルーツ、タンジェンを基調としたシトラスの香りとともにネロリの華やかさと軽やかさを加えた香りが広がります。弾けるような印象がスポーティでアグレッシブルなエナジーを表現しているようです。男女ともにリフレッシュと清潔感を与えてくれるアグレッシブルな香りです。

掲載時:50ml 9,000円、125ml 16,000円


フランスパリのメソッド、調香技術、スタイリング技法を学んだパルファンスタイリストが香水をご紹介!

香りは目に見えないもの。香水を纏う時は、香りの印象のみがあなたの印象へと刻み込まれます。