Olympia(オリンピア)/PACO RABANNE(パコ ラバンヌ)


Profile

レディース

2015年発売

オリエンタルタイプ

特徴的なノート:フローラルノート

香りの構成:

トップノート:マンダリン、ジャスミン、ジンジャー

ミドルノート:バニラ、塩

ラストノート:アンバーグリス、カシミアウッド、サンダルウッド


現代の女性に捧げるオリエンタルタイプの香り。

 1966年、ファッションデザイナーであるパコ ラバンヌが設立したブランド。

アヴァンギャルドな手法で、メタルなどの特殊な素材を使用して「縫う」ことを否定するかのように針と糸ではなく、ペンチや接着剤を服作りに使用したことが話題となり革新的なファッションとして注目を集めるようになります。

そんなブランドより2015年に発売されたオリンピア。

 

テーマは「天国の香り」。2013年に発売されたメンズフレグランス「INVICTUS(インヴィクタス)」のペアフレグランスです。

タイトルは古代ギリシャの都市、オリンピックの発祥地からインスパイアされ、戦う女性たちを現代に蘇る古代ギリシャの女神たちとともに勝利を目指すための香りとして創作されました。「現代のクレオパトラに」捧げられた香り。

 

香りは、ソルティとジャスミンそしてバニラのアコードがしっかり香ります。バニラの甘く深いコクが全体的に広がりながらもジンジャーとソルトの香りがキリッとした印象に仕立て、カシミアウッドでセンシュアリティに導きます。


フランスパリのメソッド、調香技術、スタイリング技法を学んだパルファンスタイリストが香水をご紹介!

香りは目に見えないもの。香水を纏う時は、香りの印象のみがあなたの印象へと刻み込まれます。