NINA ROSE(ニナ ローズ)/NINA RICCI(ニナ リッチ)


Profile

レディース

2020年発売

フローラルタイプ

特徴的なノート:フルーティノート

香りの構成:

トップノート:ベルガモット、レモン、洋梨

ミドルノート:オレンジフラワー 、ジャスミン、ネロリ 

ラストノート:ムスク、サンダルウッド


洋梨とオレンジフラワー のアコードが陽気な雰囲気へ誘い込むフローラルフルーティの香り。

1932年、パリのカプシーヌ通り20番地にアトリエと試着サロンを併設したオートクチュールメゾンを創設したニナ・リッチ。

デザイン、カット、均整、素材は、シンプルな輝きをもたらします。1945年にニナリッチの一人息子のロベルト・リッチが最初のフレグランスであるCœur Joieを開発しました。次に開発されたフレグランスL'Air du Tempsは、今も世界中で愛される香水の一つです。

 

そんなニナリッチより2020年に発売されたNINA ROSE(ニナ ローズ)。大人気シリーズ2006年より発売されてきた「Nina(ニナ)」シリーズ。このシリーズは、おとぎ話と夢への賛美歌をテーマとし、今回は、ローズの新鮮さと陽気さを包み込んだ作品です。新アーティスティックデザイナーであるルシェミー・ボッターとリジー・ヘレブラーによって、ニナ ローズは、⼤胆不敵さと優しい輝きの息吹きを宿すように、⽣き⽣きとした⼥性らしさを与えるフローラルタイプの香りです。

香りは、洋梨とオレンジフラワー を特徴とするアコードが、心を暖かくするようなポップで陽気な印象へ導きます。

ローズの新鮮さとのことですが、実際には構成にはローズが含まれていません。キュートで可憐な女性にぴったりの作品です。


フランスパリのメソッド、調香技術、スタイリング技法を学んだパルファンスタイリストが香水をご紹介!

香りは目に見えないもの。香水を纏う時は、香りの印象のみがあなたの印象へと刻み込まれます。