MONSIEUR BEAUREGARD(ムッシューボーレガード)/PENHALIGON'S(ペンハリガン)


Profile

メンズ

2017年発売

ウッディタイプ

特徴的なノート:スパイシーノート

香りの構成:

トップノート:レモン、ベイローズ

ミドルノート:イリス、シナモン、ベンゾイン

ラストノート:サンダルウッド、トンカマメ、パチュリ


シナモンの効いた落ち着いたウッディの香り

英国王室御用達フレグランスブランド、ペンハリガン。1870年、ロンドンで一軒の理髪店からスタートしました。1872年、創設者であるウィリアム・ペンハリガン は、ジャーミンストリートの自分の店に隣接するトルコ式風呂からヒントを得え最初の香水が誕生しました。ペンハリガンが熟知しているのは、心を動かす香りの力です。後に「英国王室御用達の理髪師兼香水商」の称号が与えられ、創業時からの創造的かつ革新的な香水づくりという遺産を引き継ぎ、現代のペンハリガンは由緒正しい伝統と奇抜さを持ち合わせています。製品は今もなお英国で作られ、上質な香料を贅沢使用しています。そんなペンハリガンより2017に発売された「MONSIEUR BEAUREGARD」。イギリスの上流階級を舞台にした物語をテーマにした「ポートレート コレクション」。登場人物一人一人をイメージしています。

 

フランス人美青年ボーレガード。ボーレガードは一般人ながらも、その人懐っこさで、この家の「フランス人の友だち」と呼ばれています。しかし、心に残る彼のまなざしは、この家から何かを奪っていくことを予感させます。申し分のない学歴と、素晴らしいコントロール力を持ち、この瞬間になすべきことを心得ています。女性陣が無関心を装っても、彼は早朝でも真夜中でも関係なく現れ、その気配は、彼が姿を見せる前から女性たちを惑わすほど。そんな彼を完璧なまでに魅惑的な香りで表現しています。香り立ちはほんのりとレモンとベイローズの軽やかな印象から始まるが、すぐにシナモンのあたたかみのあるスパイスに切り替わりパチュリやサンダルウッドの落ち着いた骨格となるウッディノートが広がります。


フランスパリのメソッド、調香技術、スタイリング技法を学んだパルファンスタイリストが香水をご紹介!

香りは目に見えないもの。香水を纏う時は、香りの印象のみがあなたの印象へと刻み込まれます。