LIPSTICK ROSE(リップスティック ローズ)/FREDERIC MALLE(フレデリック マル)


Profile

レディース

2000年発売

フローラルタイプ

特徴的なノート:パウダリーノート

香りの構成:

ローズ、スミレ、アンバー、バニラ、グレープフルーツ、イリス、フランボワーズ、ホワイトムスク


キスの時に感じたリップスティックの香りを再現。

2000年、フランスパリで誕生したフレグランスブランド、“フレデリック・マル”。原材料、時間、テクノロジー、その全てにおいて制限を設けず、自由に香りを創造する新しいコンセプトのフレグランスメゾンです。創設者のフレデリック・マル氏は、香水のコンサルタントとして様々なブランドや調香師と関わり、香りをプロデュースしてきた経歴を持ちます。そんな中で彼は、売れる香りを作るためにブランドやマーケティングにより厳しい制限を設けられた調香をみてきたため、調香師の制限を開放し、自由な創作を。マル氏が見込んだ調香師たちが、思うがままにアイデアを表現した香りを作ります。

 

そんなフレデリックマルより2000年に発売された作品。調香師ラルフ・シュヴィーガーが母のキスにインスパイアされた作品で、キスの味ではなく、キスの時に感じた母のリップスティックの香りです。華やかなローズにスミレやイリスのパウダリックな香りがふんだんに香ります。コスメティックを表現するときパウダリックが使われますが、こちらも同じくイリスやスミレの香りが広がります。ずっと同じ香りが残るのように、シックでメイクアップした洗練された女性らしさを感じさせます。


フランスパリのメソッド、調香技術、スタイリング技法を学んだパルファンスタイリストが香水をご紹介!

香りは目に見えないもの。香水を纏う時は、香りの印象のみがあなたの印象へと刻み込まれます。