L'INTERDIT EDP(ランテルディ オーデパルファム)/GIVENCHY(ジバンシィ)


Profile

レディース

2018年

オリエンタルタイプ

特徴的なノート:フローラルノート

 

香りの構成

トップノート:ベルガモット、洋ナシ

ミドルノート:チュベローズ、オレンジフラワー、ジャスミンサンバック

ラストノート:パチュリ、ベチバー、アンブロクサン、バニラ


現代の新たなフェミニティとエレガントを表現した香り。

エレガンスの秘訣は、あなたがあなた自身であること。ジバンシイのコンセプトは「エレガンス」。グレース王妃やオードリー・ヘップバーンをも惹きつけたスタイルは、貴族的な洗練性にカジュアルとシックを融合させた斬新なもの。変化し続ける女性のライフスタイルにマッチし、「エレガンス」が普段着にもなりうると証明したのがジバンシィです。ジバンシイが考える美しさとは、自分らしさ、自分がどうでありたいかを表現することです。

 

そんなジバンシィより2018年に発売されたL'INTERDIT EDP(ランテルディ オーデパルファム)。1957年に発売した「L'INTERDIT」をリニューアル。創業デザイナーのユベール・ド・ジバンシィが親友であり、ブランドミューズだったオードリー・ヘプバーンに贈った香水を彼女がとても気に入り、「私以外は使ってはだめ」と言うエピソードから「L'INTERDIT」=「禁止」と名付けられました。2018年に発売された新たな作品は現代のフェミニティを表現し、エレガントかつ大胆な香りに生まれ変わります。ボトルデザインもオリジナルへのオマージュが込められ、スクエア状の丸みを帯びたラインはシンプルでありながらも奥深いフェミニティと柔らかさを表現しています。香りは、洋梨の優しいフルーティの香りとチュベローズ、オレンジフラワーのコクのあるフローラルの香りが組み合わさり、明るさを残しながらも、深く大人のエレガントな印象へ導くようです。これだまでのエレガントな印象とは異なり、現代のフェミニティとエレガントさを新たな角度で表現しているようです。


フランスパリのメソッド、調香技術、スタイリング技法を学んだパルファンスタイリストが香水をご紹介!香りは目に見えないもの。香水を纏う時は、香りの印象のみがあなたの印象へと刻み込まれます。