Le Peau Nue(ラ ポ ヌ)/CELINE(セリーヌ)


Profile

ユニセックス

2019年発売

フローラルタイプ

特徴的なノート:パウダリーノート

香りの構成

トップノート:ベルガモット

ミドルノート:ローズ、イリス

ラストノート:ライスパウダー、ベチバー

 


素肌という意味を持つフローラルの香り。

セリーヌ(CELINE)とは1945年、セリーヌ・ヴィピアナがフランスパリにて皮革の子供靴専門店として設立したファッションブランド。パリの靴職人の技術を活かし、上流階級を中心に人気を集めました。1959年に女性用の靴、1965年に香水とスカーフの展開。

 

そんなセリーヌより2019年に発売されたLe Peau Nue(ラポヌ)。「セリーヌ オート パフューマリー コレクション(CELINE HAUTE PARFUMERIE COLLECTION)」のうちのひとつです。このコレクションはエディ・スリマン(Hedi Slimane)がセリーヌのアーティスティック、クリエイティブ、イメージ ディレクターに就任してから初めて手掛けたパフュームコレクション。クチュリエとしての記憶やストーリーがよりインスパイアされています。スリマンが大切にしているタイムレスな服への魅力、トーン、概念を香りに置き換えるように創作されたシリーズです。Le Peau Nue(ラポヌ)とは素肌という意味を持ちます。イリスとローズのアコードがパウダリックで優雅な華やかさを演出し、素肌のような清潔感ときめ細やかな素肌を連想させます。

心地よいフローラルの香りです。

掲載時:100ml 27,500円


フランスパリのメソッド、調香技術、スタイリング技法を学んだパルファンスタイリストが香水をご紹介!香りは目に見えないもの。香水を纏う時は、香りの印象のみがあなたの印象へと刻み込まれます。