LE JOUR SE LEVE(ル ジュール ス レーヴ)/LOUIS VUITTON(ルイ ヴィトン)


Profile

レディース

2018年発売

フローラルタイプ

特徴的なノート:シトラスノート、ムスキーノート

香りの構成:

トップノート:マンダリン、カシス、ベルガモット、グレープフルーツ、オレンジ

ミドルノート:ジャスミンサンバック、マグノリア、グリーンノート、オスマンタス 、シャクヤク、ローズ、スズラン

ラストノート:イソEスーパー、バニラ、ホワイトムスク


弾けるような爽やかさと透明感。明るい気分にさせてくれる穏やかなフローラルの香り。

1854年、旅行鞄の専門店としてフランス・パリのキャプシーヌ通りで創業者ルイ・ヴィトンによって設立したブランド「ルイ・ヴィトン」。ルイヴィトンは、16歳の若さでトランク職人の道を選んだことにより誕生したブランドです。当時の主要な交通手段は馬車や船、汽車であり、それらの荷物は手荒く扱われていたので、旅行者は職人に依頼し、個々に持ち物を荷造りしてもらっていたとのことです。

ルイ・ヴィトンは、パリのマレシャル氏のアトリエで重宝される職人となり、木箱、トランクを顧客の要望に沿って特別注文で作る彼の職人的な製造業者としての経歴のはじまりでした。ルイ・ヴィトンはマレシャル氏のもとで17年間働いた後、自らのアトリエを開きます。

 

そんなルイ・ヴィトンより2018年に発表された香水 「Le Jour Se Lève(ルジュール・スレーヴ)」。朝一番の日の光にから自然のパワーを受け取るように、夜を突き抜け、新鮮な幕開けを予感させてくれる太陽の光からをイメージして創作された作品。

  旅立ちの直前のこの瞬間のように、 強い日差しを浴びたマンダリンが特徴的でフレッシュなカシスで全体を調和。朝の空気のように爽やかで希望に満ちた香りです。

香りはマンダリン率いるシトラスのフレッシュでジューシーな弾ける爽やかな香りが広がります。ほんのりオスマンタス の個性が丸みを帯びたように感じられます。そこにグリーンノートが効きナチュラル感を演出。ムスクが全体を優しい印象へと導いてくれます。

透明感と明るい気分にさせてくれるような優しく穏やかな香りです。

掲載時:100ml 45,100円、200ml 69,300円


フランスパリのメソッド、調香技術、スタイリング技法を学んだパルファンスタイリストが香水をご紹介!香りは目に見えないもの。香水を纏う時は、香りの印象のみがあなたの印象へと刻み込まれます。