Le Chevrefeuille(ル シェブルフイユ)/ANNICK GOUTAL(アニック グタール)


Profile

レディース

2002年発売

フローラルタイプ

特徴的なノート:シトラスノート、グリーンノート

香りの構成:

トップノート;

ミドルノート:ハニーサックル、プチグランビガラード、ジャスミン、ナルシス、レモン、グリーンノート

ラストノート:


ハニーサックルの王冠を編み遊んだ思い出。

ファッションモデルでもありピアニストでもある多彩な才能を持つアニック・グタールによって設立されたブランドです。アニック・グタールは、化粧品開発にも携わりその化粧品へ香りづけするためにグラースに立ち寄ったことがきっかけで、香りの魅力に惹かれ本格的に香水について学び始め、フレグランスブランド「アニック・グタール」が創設されました。

アニック グタールは、幸福な瞬間、秘めた思い、人生の岐路での出来事や最愛の人をめぐる忘れられない記憶。そんな感情を香りで表現。本物であることにこだわり、上質な原料だけを使い、常に品格のある洗練されたフレグランスを追求し続けています。そしてその伝統は創業者の娘であるカミーユ グタールとイザベル ドワイヤンが受け継ぎ、ラグジュアリーなフレグランスを発表し続けています。また現在は「グタール」としてブランド名が変更されています。

 

そんなアニック・グタールより2002年に発売されたル・シェブルフイユ。カミーユが子供の頃、ハニーサックル(シェブルフイユ)で王冠を編み遊んだ思い出をフレグランスにしました。輝く太陽と子供たちの笑い声。爽やかさと同時に甘さも漂う、春の訪れを告げるような香りです。「シェーブル・フィユ」というのは花の名前で、英語では「ハニーサックル」、和名「スイカズラ」で知られているもののことです。レモンのすっきりと爽やかな印象にジャスミンの透明感を感じる香りに移り変わりながらもハニーサックルとグリーンノートのアコードがハニーサックルを摘んだときに感じられるフレッシュさやその冷たい空気の中で春の訪れを感じる幸福感を連想させます。軽やかでフレッシュなフローラルタイプの香りです。

掲載時:50ml 16,720円、100ml 22770円


フランスパリのメソッド、調香技術、スタイリング技法を学んだパルファンスタイリストが香水をご紹介!

香りは目に見えないもの。香水を纏う時は、香りの印象のみがあなたの印象へと刻み込まれます。