LA ROSE DE ROSINE(ラ ローズ ド ロジーヌ)/LES PARFUMS DE ROSINE PARIS(パルファン ロジーヌ パリ)


Profile

レディース

1991年発売

フローラルタイプ

特徴的なノート:フローラルノート、パウダリーノート

 

トップノート:スミレ、タジェット、イランイラン、ローズ

ミドルノート:ローズオットー、ジャスミン、イリス

ラストノート:トンカマメ、ベンゾイン、ペルーバルサム


深くゴージャス。ローズのゴージャスな香り。

多彩なバラの香りにこだわり続け、エレガントな女性たちへ捧げる作品を創作するメゾンフレグランスブランド「パルファン ロジーヌ パリ」。パリの郊外、ピカルディーにある自身のバラ園が、香りのインスピレーションの源です。

 

そんなブランドより1991年に発売されたラ ローズ ド ロジーヌ。ロジーヌの最初のフレグランス。トルコ ブルガリア モロッコなどの代表的な産地のバラをブレンドしたゴージャスな香り。バラの中のバラ。まさにパルファンロジーヌのプリマドンナ。イランイラン、ジャスミンの濃厚な印象をほんのりと感じさせながらもローズのダークな部分を引き立てるよう。そこにスミレやイリスが加わり気品を演出してくれます。深くゴージャスでダークローズを連想させます。


フランスパリのメソッド、調香技術、スタイリング技法を学んだパルファンスタイリストが香水をご紹介!

香りは目に見えないもの。香水を纏う時は、香りの印象のみがあなたの印象へと刻み込まれます。