LA MUGUET DE ROSINE(ラ ミュゲ ド ロジーヌ)/LES PARFUMS DE ROSINE PARIS(パルファン ロジーヌ パリ)


Profile

レディース

2015年発売

フローラルタイプ

特徴的なノート:フルーティノート

 

トップノート:ベルガモット、洋ナシ

ミドルノート:スズラン、ローズ、ジャスミン

ラストノート:ホワイトムスク


ローズガーデンで咲いているスズランを表現したフローラルフルーティの香り。

多彩なバラの香りにこだわり続け、エレガントな女性たちへ捧げる作品を創作するメゾンフレグランスブランド「パルファン ロジーヌ パリ」。パリの郊外、ピカルディーにある自身のバラ園が、香りのインスピレーションの源です。

 

そんなブランドより2015年に発売されたラ ミュゲ ド ロジーヌ。マリー エレーヌのローズガーデンで、バラの木やシャクナゲにそっと混じって咲いているスズランを見つけた時。5月と言う季節にぴったりな、スズランとバラのフレッシュでエレガントなフレグランスを思いついたそうです。スズランを再現するために、高貴なトルコ産ローズ、エジプト産ジャスミンを選定。それに加え、シャキッとジューシーな洋ナシの香りが、はじけるような楽しさや快活さを感じさせくれ、若さ溢れるようなスズランを再現しています。スズランと洋梨の組み合わせ。そこにローズの華やかさがアシストするようなフローラルフルーティの香りです。

 


フランスパリのメソッド、調香技術、スタイリング技法を学んだパルファンスタイリストが香水をご紹介!

香りは目に見えないもの。香水を纏う時は、香りの印象のみがあなたの印象へと刻み込まれます。