La fille de Berlin(ラフィーユ ドゥ ベルラン)/SERGE LUTENS(セルジュ ルタンス)


Profile

レディース(ユニセックス)

2014年発売

フローラルタイプ

特徴的なノート:フローラルノート

香りの構成:

トップノート:ローズ、ゼラニウム

ミドルノート:パルマローザ

ラストノート:パチュリ、オークモス、ハニー


テーマはベルリンの少女。ローズを主役とした香り。

香水とは、感覚を呼び覚まし、エスプリ(精神)を高揚させるものと考え、付ける人の美意識を表現する 気体の宝石とも呼ぶべき香りを創作するフレグランスブランド、セルジュ ルタンス。セルジュ ルタンスは、夢の建築家、旅人として、彼が夢の中で描いた世界と幼少の頃の記憶、そして数々の神話に彩られ、未知なる世界へとその輝きを放ちます。

 

そんなブランドより2013年に発売されたラフィーユ ドゥ ベルラン。テーマは、ベルリンの少女。いにしえのベルリン。幻想の都市。ディナージャケットを着てたたずむ少女の姿。彼女は棘を持つ花。干渉しない方がいい。雪の上、銀色の薔薇が放つ慰めと情熱の香り。ハニーがアクセントとなったほんのりダークなローズの香りがロマンティックで華やかさを演出してくれます。そこにパチュリを組み合わせることでローズを引き立てるように凛としたローズを連想させます。


フランスパリのメソッド、調香技術、スタイリング技法を学んだパルファンスタイリストが香水をご紹介!

香りは目に見えないもの。香水を纏う時は、香りの印象のみがあなたの印象へと刻み込まれます。