· 

lesson3「纏う上での香りの種類」


必ず香水の説明文や・香水にEDP・EDTというアルファベットをみたことはありませんか?

それはEDP=Eau de parfum(オードゥパルファン)、EDT=Eau de toillet(オーデトワレ)のことをさします。香水は香りの原料となる香料とアルコールがブレンドされており、その割合によって4つに分類されます。アルコールに溶かした香料の割合(賦香率)といいます。パルファム、オードパルファム、オードトワレ、コロンとは香水の種類をさします。

種類によって香水の使うシーンを分けることもできます。


最近ではアルコールフリーのオイルタイプも販売されているそうですが、アルコールは香りを拡散させ、表情豊かにさせます。また「P(パルファン)EDP(オードパルファン)EDT(オードトワレ)EDC(オーデコロン)」と略されることがあります。

 

「Parfum」・・・賦香率:15~25%香りの持続時間「5~7時間」 華やかな場所で

「Eau de parfum」・・・賦香率:15~25%香りの持続時間「5時間前後」 香りの深みを感じられる。

「Eau de Toillet」・・・賦香率:5~10%香りの持続時間「3時間程度」 普段使用

「Eau de Colone」・・・ 賦香率:3~5%香りの持続時間「1時間程度」フレッシュでカジュアル

 

香料とアルコールの割合によって持続性や値段が異なります。そして種類によって香水の付け方が異なります。

パルファムは、香りが強く感じるため、スプレータイプのボトルではないことが多く、1滴垂らすように点で纏います。

オードパルファム・オードトワレは、普段使用することが多いため、脈どころの線で。オーデコロンは、フレッシュで軽やかに感じるため、面にといわれております。

一般的にはオーデパルファム・オーデトワレが主流のため、「線」での付け方を抑えておくことで、香水をうまく纏うポイントとなります。

 

何故香水を手首や首につけるのか。付け方はとても重要!


出典:PIXTA

香りの特徴を抑えると、付けすぎてしまったり、今まで自然に手首にプッシュして首に馴染ませる動作の理由も明らかになります。

鼻と両肩を結ぶ三角形につけると鼻の近くのため、香りが感じやすく「つけた感」がしますが、揮発性の特徴から下から上に登るように香りが感じるため、

すぐ香りを感じなくなったり、鼻が麻痺しやすいため「あまり香りを感じない」と思い何度も付け直ししてしまうこともあります。

手首につけるのは、鼻に近く手を動かす動作は日常的に多く、動くたびに香りを感じやすいからと言えます。

 

鼻が麻痺した状態で付け直すことで、つけすぎてしまうこともあり、他人からは強く感じ、場合によっては不快に感じてしまいます。自分だけで楽しみたい、リラックスしたいなどのプライベート空間では良いかもしれませんが、TPOに応じて付け方を意識しなければなりません。

自分が感じたまま他人も同じように感じることは一緒ではないということを意識する必要があります。そして付ける前に「どのように香らせ纏いたいのか」が重要です。

 

「付け方」を気にする人が多いのは、それほど「付け方」で香りの印象を変えてしまうからとも言えます。