· 

香水はどこで買うのがおすすめ?スタイリストがお伝えする購入場所


 

  • 香水はどこで売っているの?どこで買うのがおすすめ?
  • なんで価格が違うの?

 

香水は私たちの身近にあるドラックストアや家電量販店でも買うことが可能です!では、百貨店の香水と何か違いがあるの?どこで買うのがおすすめ?など、香水を購入できる場所やおすすめの買い方をパルファンスタイリストがご紹介します!買う場所によってワンランク上の纏い方ができる可能性も!

プロフィール(田中里奈)

 

プロの香水スタイリング専門家/調香技術、スタイリング技法を習得したパルファンスタイリスト/フランスパリを本拠地とする香水学校「アトリエ・アローム&パルファン・パリ」の認定講師/フランスパリの香水の名門スクール「サンキエーム・サンス」に編入経験有/香水販売員経験有


目次


私たちが香水を購入するまで【流通ルート】

2 

【流通ルート】①正規輸入品

【流通ルート】②並行輸入品

購入する方法は?

【購入する方法】①対面〜お店に行く〜

【購入する方法】②非対面〜ネット 通販〜

まとめ

最後に


今では様々な場所で買うことができる香水ですが、私たちが香水を購入できるまでの流通ルートを知ることで見えてくることがあります。

私たちが香水を購入するまで【流通ルート】

私たちが海外のブランドの香水などが楽しめるのは、2つの流通ルートがあることを覚えておきましょう。正規品、正規輸入品と呼ばれるものと、並行輸入品です。香水だけに限りませんが、同じ商品でも、その流通ルートによって価格などにも影響します。

 

【流通ルート】①正規輸入品

海外ブランドの正規日本代理店(海外ブランドの日本法人や契約を結んだ企業)が輸入し、国内に流通させる流れです。販売価格はブランドイメージを損なわないためにも、設定された定価で販売されます。

 

【流通ルート】②並行輸入品

簡単に言うと、日本の正規代理店を通らない流通ルートです。

海外で販売されている商品を正規の流通ルートとは異なる企業などが買い付けて、販売されます。

為替の変動で安価に仕入れることができるため、販売価格も定価より安い場合があります。さらに日本未発売の商品を購入することが可能です。

ただし、保管状態が十分でない環境。例えば、長期保管や香水は特に保管環境などでの劣化などの可能性もあったり、海外ブランドメーカーのアフターフォローが受けられないことが多いため、100%安全安心とは限りません。

購入する方法は?

購入する方法は2通り。お店に行くか、ネット販売で購入するかです!ではそれぞれ購入するシチュエーションを簡単にご紹介いたします。

【購入する方法】①対面〜お店に行く〜

香水は肌につけて試してから購入すべきが前提なので、お店で購入することがおすすめです。また正規品を取り扱っている百貨店やフレグランス専門店では、販売員の方にもよりますが、ブランドストーリーや香水コンセプトなどの教育を受けている可能性もあり、詳しく商品について伺うことができます。ただし、混雑している際は伺うことができないこともあり、待ち時間や場合によっては再度訪れたりと時間を費やす可能性があります。

並行輸入品を取り扱っている店舗では、幅広くブランドを取り扱っていたり、正規店では廃盤になった商品を試すことが可能です。

 

【購入する方法】②非対面〜ネット 通販〜

今では正規輸入品も並行輸入品も店舗に訪れることなくネット販売で購入することが可能です。

香りを試すことができ購入したい商品が決まっていたり、リピート購入をするとき、香りを知っているを購入するのには、店舗に訪れる必要がないため、なかなか店舗に訪れることが難しい方にはおすすめです。


まとめ

買い物をする上で大切にしているポイントにマッチした場所で購入することがおすすめ!

 

流通ルートの違いを知った上で、自分が買い物をする上での優先順位をどこに置くかがで購入する場所を選んでみてはいかがでしょうか。

私の買い物の優先順位は、正規店でプロフェッショナルな販売員の方に出会えたら購入することを条件として購入します。

もちろん時間はかかりますが、ブランドコンセプト、香水ヒストリー、香りについて理解した上で纏っているかによって、香りの深みを知ることができたり、ワンランク上の香水の纏い方につながるからです。じっくり買い物を楽しんで、購入して香りを纏うのが理想です!

最後に

コロナ中で、気軽に店舗に行って、ゆっくり香りを試すことが難しくなっています。

さらにネット通販でも実際にムエットを配布している店舗もありますが、香りを知らずに購入することになり躊躇してしまいがちです。かといってせっかく店舗に訪れたから、そこでしか聞けない商品のストーリーだったり体験をしたいとより強く思ってしまいます。今の時代に合う香水の魅力をパルファンスタイリストとしては伝えていきたいと思います!