· 

プロが厳選する【香水ブランド】一覧でご紹介!


  • プロや人気のある香水ブランドを知りたい!
  • どんな香水ブランドがあるのか知りたい!
  • 大切な人に香水をプレゼントしたいけど、ブランドをある程度絞って店舗に行きたい!

 

そんなあなたに必見です!

 

  • お気に入りのブランドを見つけることで、香水選びの手助けになります!

香水のスタイリストが紹介している香水ブランドを一覧でご紹介します。

プロフィール(田中里奈)

 

プロの香水スタイリング専門家/調香技術、スタイリング技法を習得したパルファンスタイリスト/フランスパリを本拠地とする香水学校「アトリエ・アローム&パルファン・パリ」の認定講師/フランスパリの香水の名門スクール「サンキエーム・サンス」に編入経験有/香水販売員経験有


目次


香水取扱ブランドを4つに分類

2 

スタイリストが厳選した55の香水ブランド一覧

香水ブランドの選び方

香水からブランドを好きになることも

増え続けるブランドがもたらす影響

ブランド、香水との出会い、今を、その瞬間を大切に

1 香水取扱いブランド4つに分類

皆さんは香水を取り扱っているブランドいくつご存知ですか。

香水取扱ブランドは「ファッションスタイルブランド、コスメティックブランド、ジュエリーブランド、フレグランスブランド」の大きく4つに分類して私はカテゴライズしています。

 

例えば、

1つ目のファッションスタイルブランドは、スタイルそのものを提案したり、ファッションアイテムを取り扱っているブランドです。

 

例で挙げると、「CHANEL(シャネル)、DIOR(ディオール)、エルメス(HERMES)など。(エルメスは元々馬具を中心とした革製品から始まりましたが、ファッションアイテムなどを取り扱っているブランドはこちらに分類してご紹介します。)世界的男女問わず有名なブランドが多く香水を発表しています。

 

写真出典:Pixabay

写真出典:Pixabay


2つ目のコスメティックブランドは、「GUERLAIN(ゲラン)、ランコム(LANCOME)など、化粧用品を販売しているブランドがこの分類に属します。またファッションスタイルブランドがコスメティックまで展開していることも多くありますが、ここで紹介するのは、コスメティック製品のみ特化したブランドのことです。

 

 

写真出典:Pixabay

写真出典:Pixabay


3つ目のジュエリーブランドは、「BVLGARI(ブルガリ)」などの宝飾品を取り扱っているブランドがこの分類に属します。

 

 

写真出典:Pixabay


4つ目の香り専門のブランドや、フレグランスをはじめとする、ライフスタイルをを提案したブランドをここにカテゴライズします。「DIPTYQUE(ディプティック)、Jo Malone(ジョーマローン)」などがあります。

 

写真出典:Pixabay


今上記で伝えただけでも、8つのブランドがあります。

 

私が2019年頃調べただけでも、香水を取り扱っているブランドは日本においても約130以上あります。130以上のブランドからまた香水を選ばなければならないのです。近年ではニッチブランド呼ばれるフレグランスブランドが増え続け日本にも多く進出してきているのです。

 

さらに多くの香水から選ばなければなりません。

そこでご紹介するのは、好きなブランドから絞り込むことです。


2 スタイリストが厳選した55の香水ブランド一覧

現在、私が掲載している香水のレビューでのブランド数は128種類。(2021年3月現在)

ただし日本未発売のもの。日本撤退したものもございますので、日本で取扱のあるブランド、よくご紹介するブランド、最近SNSで話題があったりトレンドのブランド、名香と呼ばれる香水を発表したブランドなど、パルファンスタイリストが55種に厳選しました。全てのブランドをご紹介したいとは思いますが、参考までに一覧のみ掲載させていただきます。

【ファッション・スタイルブランド】 ブランド名
1 BURBERRY(バーバリー)

2

CELINE(セリーヌ)
3 CHANEL(シャネル)
4 Chloé(クロエ)
5 Christian Louboutin(クリスチャン ルブタン)
6 COACH(コーチ)
7 DIOR(ディオール)
8 Dolce&Gabbana(ドルチェ&ガッバーナ)
9 GIORGIO ARMANI(ジョルジオ アルマーニ)
10 GIVENCHY(ジバンシィ)
11 GUCCI(グッチ)
12 HERMES(エルメス)
13 ISSEY MIYAKE(イッセイ  ミヤケ)
14 JILL STUART(ジル スチュアート)
15 KENZO(ケンゾー)
16 LANVIN(ランバン)
17 LOUIS VUITTON(ルイ ヴィトン)
18 MARC JACOBS(マーク ジェイコブス)
19 MIU MIU(ミュウミュウ)
20 Narciso Rodrlguez(ナルシソ  ロドリゲス)
21 NINA RICCI(ニナ リッチ)
22 PRADA(プラダ)
23 Salvatore Ferragamo(サルヴァトーレ  フェラガモ)
24 TOM FORD(トム フォード)
25 YVES SAINT LAURENT(イヴ サンローラン)
コスメティックブランド  
26 ESTEE LAUDER(エスティ ローダー)
27 GUERLAIN(ゲラン)
28 LANCOME(ランコム)
29 VALMONT(ヴァルモン)
【ジュエリーブランド  
30 BVLGARI(ブルガリ)
31 TIFFANY(ティファニー )
32 Van Cleef&Arpels(ヴァン クリーフ&アーペル)
フレグランス・ライフスタイルブランド  
33 GOUTAL(グタール)
34 BY KILIAN(バイ キリアン)
35 BYREDO(バイレード)
36 AERIN(エアリン)
37 DIPTYQUE(ディプティック)
38 ELLA K PARFUMS(エラケイパルファム)
39 FLORIS(フローリス)
40 FREDERIC MALLE(フレデリック  マル)
41 HERMETICA(エルメティカ)
42 JoMalone(ジョー マローン)
43 L'ARTISAN PARFUMEUR(ラルチザンパフューム)
44 LALIQUE(ラリック)
45 LES PARFUMS DE ROSINE PARIS(パルファン ロジーヌ パリ)
46 Maison Francis Kurkdjian Paris(メゾン フランシス クルジャン)
47 Miller Harris(ミラーハリス)
48 Miya Shinma parfums(ミヤ シンマ パルファン )
49 PARFUM SATORI(パルファン  サトリ)
50 PARLE MOI DE PARFUM(パルル モア ドゥ パルファム)
51 PENHALIGON'S(ペンハリガン)
52 ROGER&GALLET(ロジェ &ガレ )
53 Santa Maria Novella (サンタ マリア ノッヴェラ)
54 SERGE LUTENS(セルジュ ルタンス)
55 TOBALI(トバリ)

 【ファッション・スタイルブランド】

  これまで多くの作品を発表しており、時代を超えて愛され続ける香水がリニューアルされ発売されていたり取扱香水数も毎年増え続けております。

  最近では、定番のシリーズから、ブランドスピリットを語るような高級シリーズが発表されるなど様々です。

 

 【コスメティックブランド】

  上記でご紹介したブランド数は少ないですが、ファッションブランドがコスメティック商品を提案しているのも多くあります。

 

 【ジュエリーブランド】

  世界的に有名なジュエリーブランドからも発表されていります。宝石の輝きからインスパイアされたりボトルデザインも注目です!

 

 【フレグランス・ライフスタイルブランド】

  老舗ブランドから近年設立されたブランドまで数が増え続けております。そのため、上記で紹介したブランド数も多くなっております。

 

3 香水ブランドの選び方

香水ブランドの選び方、絞り方として

  1. コンセプト、ブランドストーリー、世界観から選ぶ
  2. 歴史・伝統的 or 最新のから選ぶ
  3. その他(国や創設者の想い)

が挙げられます。プレゼントで香水を送るときに、どんなブランドを選んでいいか分からない方などにも参考になるはず!

 

 【コンセプト、ブランドストーリーから選ぶ】

必ずHPには、ブランドストーリー、コンセプトが記載されています。

 

ファッションブランドなら、

「どんなスタイルを提案しているか。自分の価値観に合うかなど」

 

他にも

 

どんなライフスタイルを提案していたり、どんなものを提供しているのか。そのブランドが考えるスピリットや世界観に惹かれるものを選んでみてはいかがでしょうか。

 

自分用の香水を探されているのであれば、

 

「このブランドの価値観が気になる」

 

と思って店舗に訪れて、香水以外の新たなアイテムに出会ったりと、

もしプレゼントで探されているのであれば、

 

「このブランドの世界観があなたにぴったりだと思って選んだの。」

 

とあなたから見たプレゼント相手の魅力を伝えることができます。

 

さらに、ファッションブランドからは新たに高級ラインが発表されていることもあり、今まで知らなかったブランドスピリットを知るきっかけにもなるので是非チェックしてみてください!

 

【歴史・伝統的 or 最新のから選ぶ】

 

あなたがもし、財布を買うとき、どれが気になりますか。

  1)伝統的な手法で、職人が織りなす財布

  2)トレンドのデザイン財布

  3)最新の技術を取り入れた財布

 

香水も一緒です!

  1)伝統的に受け継がれた調香処方のブランド

  2)トレンドの香りが毎年発表されるファッションブランド

  3)最新の技術を取り入れたブランド(例えば、アルコールフリーの香水など)

 

最新のものが好きなのか。伝統的で受け継がれてきた名香と呼ばれるような香水をお探しなのか、そこからブランドを選定してみるのもおすすめです。

 

 

【その他(国や創設者の想い)】

好きな国や創設者の想い、考えに惹かれて香水を選んだという方もいます!

 

例えば、日本人の調香師が創設したブランドもあり、日本独特の四季や自然、文化を表現したブランドがあったりと日本人の心を動かすような香りを発表していたり。

 

フランスパリで生まれたブランドでまるでパリにいったような気分にさせてくれたり、国から選ぶのも!

 

また創設者の想いや考え方に感銘を受けて、その香水ブランドを好きになったというかたもいらっしゃいます!

4 香水からブランドを好きになることも!

実際には私も香水を学んでから、シャネルのコンセプトや設立までの背景を知ってより好きになりました。

最近は映画でもブランドストーリーなど紹介されていますが、

既に有名なファッションブランドって意外にも名前は知っているけど、そのブランドの真髄を知らなかったりするのが多いのです。

ブランドの真髄を知り、気になるブランドがあれば香水も試してみてください!


5 増え続けるブランドがもたらす影響

2019年を振り返り香りの流行と現在という内容でパリのアトリエよりお便りが届きました。

香水ファンの中では、嬉しいことにフレグランスブランドが日本にも沢山上陸し、楽しめるようになりました。

 

いわゆるファッションブランド、シャネル、ディオール、エルメスといったブランドではなく、

フレグランス専門としたブランドが毎年、そして日本でも誕生しています。

 

年々増え続けるブランド数。一方で売上が立たなければ消えてしまうブランド、そして香水があるということも事実です。

スタイリングする上で、香水の取扱をできるだけ確認しはしていますが、最近は特に追いつかないぐらい廃盤となる香水が増え続けています。さらに日本取扱終了となるブランドも....。

 

そんなことを考えていると、もしかすると

今あなたが愛用している香水が使えなくなる日が来る可能性が大いにあるということです。

写真出典:pixabay


6 ブランド、香水との出会い、今を、その瞬間を大切に

ファッションブランドでも廃盤になってしまう香水は数知れず、

愛用していた香水が廃盤となり、ショックを受けたかたもいらっしゃるのではないでしょうか。

 

香水販売員として働いていたときに、

 

「廃盤になった●●に似た香水はない?」

 

と訪れてくるお客様も多くいらっしゃいました。

 

今私が愛用している香水もいつかなくなるのでは・・・

 

でもそれって、今お気に入りを超える香りに出会える可能性もあるということです。

 

ずっと永遠に同じ香りを纏い続けるというのが年々難しくなってきているということを改めて実感します。

 

その時生きる私たち人間にとっても永遠というのはないかも知れませんが、

その時、どのように香りを纏い、記憶に刻まれるかということが重要になってくると思っています。

 

私はプラベートで使用する「これだっ」と思った香水に毎年出会いたいと思い香水の情報を取り入れています。

無くならないようにと祈るよりも、今、心を動かすような香水に出会えるのではないかとワクワクしながら未来を考えていきたいと思います。

 

みなさんにも、今愛用している香水が無くなったとしても、新たな香りを楽しんでいただきたいです!

 

ブランドを選び、香水を選ぶことも 今の出会いを大切に!

写真出典:pixabay