KOUROS(クーロス)/YVES SAINT LAURENT(イヴ・サンローラン)


Profile

メンズ

1981年発売

フゼアタイプ

特徴的なノート:レザーノート

香りの構成:

トップノート:アルデハイド、アルモワーズ、コリアンダー、クラリセージ、ベルガモット

ミドルノート:カーネーション、パチュリ、シナモン、イリス、ジャスミン、ベチバー、ゼラニウム

ラストノート:ハニー、レザー、トンカマメ、アンバー、ムスク、シベット、オークモス、バニラ


男性のセンシュアリティ。たくましさを感じる香り。

1980年代、都会はエネルギーに満ちあふれ、男性も女性も強く、エネルギッシュで快楽的でした。そんな時代に突入した1981年、イヴ・サンローランは古代ギリシャ語で男性の若さ、特に若者がより成熟した男性になる過程を意味する”クーロス”をコンセプトした香りを創り出しました。ギリシャ彫刻のたくましい裸身の男性彫刻がその象徴です。

調香師ピエール・ブルトンによって創られた香りは、アルデハイド、ニガヨモギ、コリアンダー、クローブの刺激的な香りとシベット、ハニーが暖かで兄マリックな香りが融合した斬新なものでした。

1982年には、アメリカフレグランス協会がその年最も優れた香水に影響を与えるFIFI賞を受賞しました。

トップからシベットのアニマルノートが香るもののフゼアの香りを軸とした男性のセンシュアリティを反映したような作品。

なめらかで力強い。それは男性のたくましさを連想させます。

 


フランスパリのメソッド、調香技術、スタイリング技法を学んだパルファンスタイリストが香水をご紹介!

香りは目に見えないもの。香水を纏う時は、香りの印象のみがあなたの印象へと刻み込まれます。