IRON WIND(アイアンウインド)/TOBALI(トバリ)


Profile

ユニセックス

2018年発売

ウッディタイプ

特徴的なノート:スパイシーノート、パウダリーノート

香りの構成:

トップノート:サフラン、クローブ、クミン

ミドルノート:イリス、すみれの葉、アンブレット、鉄、ウード

ラストノート:ドライウッディノート、シダーウッド、インセンス


戦国時代の革命武将「織田信長」をイメージしたウッディタイプの香り。

TOBALIとは、1000年以上前に生まれた日本語で秘める布で包み、隔てて見えなくなった向こう側の魅力を増幅し昇華させるため、帳と名付けられた。「秘める美」をコンセプトとし、魅力はうちに秘める事で昇華すると考え、”秘める美”をつくりだし、月や影のような神秘的な美しさを与える香りを創作するジャポニズム コンテンポラリーフレグランスです。

 

そんなトバリより2018年に発売されたIRON WIND(アイアンウインド)。テーマは「強さに秘める情愛」。

戦国時代の武将「織田信長」をイメージして創作された作品です。圧倒的な強さと、深い情愛を持つ織田信長。

強さ=「魔王」と呼ばれたその姿は銅鉄の鎧をまとい、先陣に立つ。張り詰めた空気を切り裂くように、敵対する軍勢を打ち破る。

情愛=領民たちを労わるために祭りを催し、皆と歌い踊り持て成し、自身の家来達や国の人々までも喜ばせて気遣う情愛深い一面を 持っていたそうです。

香りは、男性の冷静な判断力を持ち合わせているような落ち着きと芯のブレない銅鉄のような力強さをシダーウッドやインセンスのウッディの香りで表現し、イリスの香りが気品、エレガントさを与えるような英雄の雰囲気を漂わせます。

エレガントが似合うウッディタイプの香りです。

 


フランスパリのメソッド、調香技術、スタイリング技法を学んだパルファンスタイリストが香水をご紹介!

香りは目に見えないもの。香水を纏う時は、香りの印象のみがあなたの印象へと刻み込まれます。