HUGO woman(ヒューゴ ウーマン)/HUGO BOSS(ヒューゴ ボス)


Profile

レディース

1997年発売

フローラルタイプ

特徴的なノート:フルーティノート

香りの構成:

トップノート:グリーンアップル、メロン、パパイヤの花、モス、ホワイトヒヤシンス

ミドルノート:アグライア、ピーチネクター、ジャスミン、リリー、イリス

ラストノート:サンダルウッド、バニラ、シダーウッド、ベンゾイン


当時のパリジェンヌのニュアンスをフローラルフルーティの香りで再現。

ドイツのヒューゴ・フェルディナント・ボスによって設立されたHUGO BOSS(ヒューゴ ボス)。戦前は作業着を主に取り扱い、軍の制服の需要によって業績を伸ばしたが、戦後1953年にメンズスーツを発表し人気を博し、高級スーツメーカーを代名詞としたブランドに展開していきます。大人びたシックな雰囲気で、着る者にダークな雰囲気を纏わせてくれるよう。また、スポーツ競技のスポンサーとなっており、サッカーやテニス、特にモータースポーツのユニフォームやスーツを提供している。これらのスポーツ選手の動きに耐えられる、元が作業着メーカーであったHUGO BOSSの作るスーツの頑丈さも、強みのひとつなのである。

 

 

そんなヒューゴ ボスより1997年に発売されたヒューゴ ウーマン。現代を生きるパリジェンヌのニュアンスを、それでいてしなやかさを失わない女性をアップルやリリーが特徴的なフローラルフルーティの香りで表現しています。驚くほど自由な女性をイメージして作られた香り。振舞いも、考え方も自由なパリジェヌからインスパイアされた作品です。

 


フランスパリのメソッド、調香技術、スタイリング技法を学んだパルファンスタイリストが香水をご紹介!

香りは目に見えないもの。香水を纏う時は、香りの印象のみがあなたの印象へと刻み込まれます。