FIRST(ファースト)/Van Cleef&Arpels(ヴァン クリーフ&アーペル)


Profile

レディース

1976年

フローラルタイプ

特徴的なノート:アルデハイドノート

 

トップノート:ベルガモット、ピーチ、フランボワーズ、マンダリン、アルデハイド、カシス

ミドルノート:ナルシス、スズラン、イランイラン、トルコ産ローズ、ジャスミン、イリス、オーキッド、チュベローズ、カーネーション、ヒヤシンス

ラストノート:ベチバー、オークモス、バニラ、ムスク、シベット、アンバー、トンカマメ、サンダルウッド、ハニー


最高級のハイジュエリーブランドから生まれる女性の美と魅力を高める香り。

ヴァン クリーフ&アーペルは常に、愛がもたらす特別な創造力からインスピレーションを受けてきました。ヴァン クリーフ&アーペルというメゾンの誕生も、他ならぬ愛がきっかけでした。19世紀終盤、宝石商の娘であった若い女性エステル・アーぺルと、ダイヤモンド商かつ宝石細工職人の家に生まれたアルフレッド・ヴァン クリーフが出会い、2人は何よりも、永遠に滅ぶことのないものを創造したいという願望を抱き、ヴァン クリーフ&アーペルというメゾンが誕生。

世界でも稀にみる最高級のハイジュエラーとして成長していきました。メゾンの輝かしい成功を支えているのは、エステルとアルフレッドによって育まれた愛です。その愛は、メゾンにまつわる多くの美しいラブストーリーの中で、今もなおひときわ生き生きと輝き続けています。

 

そんなVan Cleef&Arpelsより1976年に発売されたファースト。70年代、ピエール・アーペルは、フレグランスの創造という新しいアイデアを思いつきます。女性の美と魅力を高める新しい方法です。香水は、宝石のように目には見えなくともたしかに存在する装飾品と考え、誕生した作品です。ヒヤシンス、アルデハイドが特徴的で、宝石のひんやりとした気品ある輝かしい香りです。


フランスパリのメソッド、調香技術、スタイリング技法を学んだパルファンスタイリストが香水をご紹介!

香りは目に見えないもの。香水を纏う時は、香りの印象のみがあなたの印象へと刻み込まれます。