FEMININ PLURIEL (フェミナンプルリエル) / Maison Francis Kurkdjian Paris(メゾン フランシス クルジャン)


Profile

レディース

2014年発売

シプレタイプ

特徴的なノート:フローラルノート、パウダリーノート

 

香りの構成

イリス、スミレ、ローズ、ジャスミン、スズラン、オレンジフラワー、ベチバー、パチュリリーフ


永遠の女性らしさを表現したピュアさと気品を感じる華やかな香り。

調香師として様々な香水を捜索してきたフランシス・クルジャン。新しい香りを創造し続け、そのクリエイティブな才能を発揮して2009年、パリに自身のメゾンをオープン。希少な香料を厳選し、品質と真のノウハウにこだわりを持つブランドです。

BFEMININ PLURIEL (フェミナンプルリエル)は2014年に発売された作品です。

 

この作品は、永遠なる女性らしさと男性らしさへの探求により生み出されたカップルフレグランス「Pluriel」です。「Pluriel」とは、フランス語で「複数」を意味します。様々な表情を持ち魅惑的で、一過性のものに留まらない自由と官能性を表現した作品です。時への挑戦、永遠なる探求心、そして最高峰のフレグランスを生み出すために創作されたシプレタイプの作品です。

女性らしさを柔らかいタッチで、イリスやスミレなどのパウダリーな香りが全体を優しく包み込むようです。そこにメインディッシュのようにフローラルブーケが広がりを見せます。それは調和のとれたピュアで気品ある華やかな香りです。


フランスパリのメソッド、調香技術、スタイリング技法を学んだパルファンスタイリストが香水をご紹介!

香りは目に見えないもの。香水を纏う時は、香りの印象のみがあなたの印象へと刻み込まれます。ボトルに惑わされないためにも、ボトル写真は掲載していません。もちろん香水瓶、ボトルに一目惚れして選ばれる方もいらっしゃいますが、私は「香りで選ぶ」ことにフォーカスして香水をご紹介しています。