EUPHORIA(ユーフォリア)/Calvin Klein(カルバン クライン)


Profile

レディース

2005年発売

オリエンタルタイプ

特徴的なノート:フローラルノート、フルーティノート

香りの構成:

トップノート:ザクロ、グリーンノート、ピーチ、パッションフルーツ、ラズベリー、柿

ミドルノート:蓮、オーキッド(蘭)、シャンパカ

ラストノート:スミレ、アンバー、ムスク、マホガニー、パチュリ、バニラ


今を生きる女性へ。オリエンタルタイプの香り。

カルバン クラインより2005年に発売されたユーフォリア。「EUPHORIA」とは、高揚感、幸福感、陶酔といったような意味です。

今を生きる女性ならではの胸躍る感覚を表現しております。ザクロやピーチなどのジューシーで甘いフルーティな香りが陶酔へと導き透き通るようなフローラルが広がります。ムスクやスミレが幸福感とセンシュアリティを与え、バニラが深みを増します。

 


フランスパリのメソッド、調香技術、スタイリング技法を学んだパルファンスタイリストが香水をご紹介!

香りは目に見えないもの。香水を纏う時は、香りの印象のみがあなたの印象へと刻み込まれます。