ELISABETHAN ROSE(エリザベス ローズ)/PENHALIGON'S(ペンハリガン)


Profile

レディース

2018年発売

フローラルタイプ

特徴的なノート:ウッディノート、グルマンノート、フルーティノート

香りの構成:

トップノート:ヘーゼルナッツ、アーモンド、タンジェリン、シナモン

 

ミドルノート:リリー、ローズ、ゼラニウム、プラム、カシス

 

ラストノート:ベチバー、ムスク、ウッディノート、イリス、スミレ

 


艶やかな魅惑的なローズを。

英国王室御用達フレグランスブランド、ペンハリガン。1870年、ロンドンで一軒の理髪店からスタートしました。

1872年、創設者であるウィリアム・ペンハリガン は、ジャーミンストリートの自分の店に隣接するトルコ式風呂からヒントを得え最初の香水が誕生しました。ペンハリガンが熟知しているのは、心を動かす香りの力です。後に「英国王室御用達の理髪師兼香水商」の称号が与えられ、創業時からの創造的かつ革新的な香水づくりという遺産を引き継ぎ、現代のペンハリガンは由緒正しい伝統と奇抜さを持ち合わせています。製品は今もなお英国で作られ、上質な香料を贅沢使用しています。

 

そんなペンハリガンより1984年に発売された「エリザベス・ローズ」にオマージュを捧げた作品。イギリス史に残る15世紀のバラ戦争の終焉を象徴する、赤と白いバラを重ねた紋章からインスパイアされた作品です。雨上がりのローズガーデンに足を踏み入れた時に感じる清々しい空気や、シルクのような艶やかさをイメージさせます。力強さと純潔、伝統とモダニティを結びつけたように作られたフローラルタイプの香りです。まるでエリザベス女王のために作られた王冠のようなローズを再現しています。アーモンドとシナモンの効いたあたたかみのあるローズとカシスやプラムのフルーティな香りが力強さと艶やかさを演出しているかのよう。

 


フランスパリのメソッド、調香技術、スタイリング技法を学んだパルファンスタイリストが香水をご紹介!

香りは目に見えないもの。香水を纏う時は、香りの印象のみがあなたの印象へと刻み込まれます。