Eau de cartier Vetiver Bleu(オードカルティエ ヴェチヴェール ブルー)/ Cartier(カルティエ)


Profile

メンズ

2015年発売

ウッディタイプ

特徴的なノート:アロマティックノート、ムスキーノート

香りの構成

トップノート:アニス、レモン、ミント、グレープフルーツ

ミドルノート:カルダモン、オレンジフラワー、ゼラニウム、ジャスミン、甘草

ラストノート:シダーウッド、オークモス、ホワイトムスク、ベチバー

 


エレガントなベチバーをテーマにした作品。

1847年、フランスにてルイ・フランソワ・カルティエにより設立されたジュエリーブランド、カルティエ(Cartier)。フランス王室貴族御用達のジュエリーブランドともされ、フランス以外の王族にもカルティエが広がり、イギリス国王エドワード七世より「王の宝石商、宝石商の王」と語られるほど、王侯貴族に愛され続けてきました。世界各国への旅や貴重な出会いからインスパイアされ、独自のスタイルを築き上げてきました。また取り扱うダイヤモンドをはじめとする宝石は、厳選された至高のジュエリーであり、デザインにおいてもモードを生み出すことをもとに、新しい素材を取り入れるなど革新を続けています。

 

そんなカルティエより2015年に発表されたEau de cartier Vetiver Bleu(オードカルティエ ヴェチヴェール ブルー)。エレガントなベチバーをテーマとした作品。クリスタルのようなフレッシュさを求めた、パーフェクトなバランスを狙った処方。ベチバーのウッディの香りにミントやレモンそしてアニスの香りが軽やかに引き立たせながらもベチバーの落ち着いたウッディが広がりを見せます。オリジナルの香水「オードカルティエ」は2001年に発売しています。


フランスパリのメソッド、調香技術、スタイリング技法を学んだパルファンスタイリストが香水をご紹介!

香りは目に見えないもの。香水を纏う時は、香りの印象のみがあなたの印象へと刻み込まれます。