Eau Capitale(オーキャピタル) / DIPTYQUE(ディプティック)


Profile

ユニセックス

2019年発売

シプレタイプ

特徴的なノート:フローラルノート

 

トップノート:ベルガモット、ベイローズ

ミドルノート:ローズ

ラストノート:パチュリ


香りの都パリよりインスパイアされたブランド初シプレの香り。

「二つ折りの絵屏風」を意味するブランド名にふさわしく、それぞれの香りにストーリーを込めたディプティック。その世界観はミステリアスでありながら親しみを感じさせます。ディプティックの歴史は、クリエイティブな情熱を分かち合う若き3人の仲間たちによって、パリのサン ジェルマン通り34番地で始まりました。1963年から香りの創作を手がけるようになり、フレグランスキャンドルに続いて、1968年には最初のオードトワレ「ロー(L'Eau)」を発表。型にはまることを嫌う旅好きな3人の創設者から生まれたブランドは、人々の心のそこに眠る自由へを呼び覚まし導くような独特のフレグランスを創り続けています。

 

そんなディプティックより2019年に発売された作品。ブランド初となる“シプレ”の上品な香り。ディプティックにゆかりの深い都市・パリからインスパイアされた作品。ベルガモットに弾ける軽やかな印象を加えたベイローズが香ります。ローズとパチュリのアコードがほんのりダークなイメージでスッとしたスモーキーがベースに感じられ、モダンシプレのボリュームあるモダンな香りというよりもクラシカルシプレに近い凛とした品のある印象へと導きます。


フランスパリのメソッド、調香技術、スタイリング技法を学んだパルファンスタイリストが香水をご紹介!

香りは目に見えないもの。香水を纏う時は、香りの印象のみがあなたの印象へと刻み込まれます。