Coquelicot Poppy(ポピー)/DURANCE(デュランス)


Profile

レディース

2013年発売

フローラルタイプ

特徴的なノート:フルーティノート

香りの構成:

トップノート:マンダリン、カシス、ピーチ、グロゼイユ

ミドルノート:ジャスミン、スミレ、ローズ、ポピーペタル

ラストノート:ムスク、イランイラン


爽やかな春風に揺れる優しく清潔感あるフローラルフルーティの香り。

1986年にフランスの南東にあるドロームプロバンサル(Drome Provencale)地方の夫婦がラベンダーを栽培し、こだわりのエッセンシャルオイルを作ったことから始まりました。『プロヴァンス地方の特色を生かした香りづくり』は、今でもデュランスの基盤となり、大切に受け継がれています。それは95%以上天然香料を使用し防腐剤は使用せず、調香は全てグラースで創作されています。

 

そんなブランドより2013年により発売されたコクリコ ポピー。コクリコとはフランス語でポピーの花を意味します。プロヴァンスの春、草原いっぱいに咲く可憐なコクリコの花をイメージした作品です。爽やかな春風に揺れる、その姿はまるで軽やかに踊っているかのようです。プロヴァンスの夢のような花畑へ誘ってくれます。ローズの香りが特徴的で、清潔感ある優しい穏やかな女性を連想させます。


フランスパリのメソッド、調香技術、スタイリング技法を学んだパルファンスタイリストが香水をご紹介!

香りは目に見えないもの。香水を纏う時は、香りの印象のみがあなたの印象へと刻み込まれます。