COLOGNE FRANÇAISE(コロン フランセーズ)/CELINE(セリーヌ)


Profile

ユニセックス

2019年発売

フローラルタイプ

特徴的なノート:ウッディノート、パウダリーノート

香りの構成

ネロリ、フィグ、イリス、ツリーモス、ムスク


だまし絵のような。ネロリが全体を爽やかな印象へ導くフローラルタイプの香り。

セリーヌ(CELINE)とは1945年、セリーヌ・ヴィピアナがフランスパリにて皮革の子供靴専門店として設立したファッションブランド。パリの靴職人の技術を活かし、上流階級を中心に人気を集めました。1959年に女性用の靴、1965年に香水とスカーフの展開。


そんなセリーヌより2019年に発売されたCOLOGNE FRANÇAISE(コロン・フランセーズ)。「セリーヌ オート パフューマリー コレクション(CELINE HAUTE PARFUMERIE COLLECTION)」のうちのひとつです。このコレクションはエディ・スリマン(Hedi Slimane)がセリーヌのアーティスティック、クリエイティブ、イメージ ディレクターに就任してから初めて手掛けたパフュームコレクション。クチュリエとしての記憶やストーリーがよりインスパイアされています。スリマンが大切にしているタイムレスな服への魅力、トーン、概念を香りに置き換えるように創作されたシリーズです。

COLOGNE FRANÇAISE(コロン・フランセーズ)は、不協和音が不思議な調和を見せる名曲のようなイメージで創作された作品です。一見控えめながらも、上級階級的かつ独特な印象を与える香りは、まるでだまし絵のような。

香りは、ネロリとフィグの瑞々しく少し爽やかな香りとともに、ムスキーが優しく包み込み、ツリーモスはほんのりアクセントとして香りを引き締めてくれるよう。イリスの香りがしっかりと全体をパウダリックに演出してくれます。


フランスパリのメソッド、調香技術、スタイリング技法を学んだパルファンスタイリストが香水をご紹介!香りは目に見えないもの。香水を纏う時は、香りの印象のみがあなたの印象へと刻み込まれます。