COCO(ココ)/CHANEL(シャネル)


Profile

レディース

1984年

オリエンタルタイプ

特徴的なノート:スパイシーノート、フルーティノート

香りの構成

トップノート:コリアンダー、マンダリン、ピーチ、ジャスミン、ブルガリアンローズ

ミドルノート:ミモザ、クローブ、オレンジフラワー、ローズ

ラストノート:ラブダナム、アンバー、サンダルウッド、トンカマメ、オポポナックス、シベット、バニラ


バロックへの愛を。ピーチを特徴としたあたたかみのあるオリエンタルな魅力へ導く

1984年にシャネルより発売されたココ。シャネルのアパートメントでインスパイアされて創作された作品。彼女のニックネーム「ココ」と名付けられたこのフレグランスは、ガブリエル シャネルの個性と、バロックへの愛を表現した香り。

スパイスを特徴とした香りは、ローズやジャスミンなどのフローラルにピーチがアクセントで感じられます。ベースにはアンバーウッディーのとともにバニラの甘く深い香りは、愛や暖かみもありながらも自立した女性像を連想させます。オリエンタルタイプの香りです。

掲載時:EDP 50ml 12,000円、100ml 17,000円


フランスパリのメソッド、調香技術、スタイリング技法を学んだパルファンスタイリストが香水をご紹介!

香りは目に見えないもの。香水を纏う時は、香りの印象のみがあなたの印象へと刻み込まれます。