Chergui(シェルギイ)/SERGE LUTENS(セルジュ ルタンス)


Profile

ユニセックス

2005年発売

オリエンタルタイプ

特徴的なノート:アンバーノート、レザーノート

香りの構成:

タバコ、ハニー、イリス、サンダルウッド、アンバー、ムスク、インセンス、ローズ、干草


セルジュルタンス。セクシーというよりもミステリアスでカッコイイ印象へ。

香水とは、感覚を呼び覚まし、エスプリ(精神)を高揚させるものと考え、付ける人の美意識を表現する 気体の宝石とも呼ぶべき香りを創作するフレグランスブランド、セルジュ ルタンス。セルジュ ルタンスは、夢の建築家、旅人として、彼が夢の中で描いた世界と幼少の頃の記憶、そして数々の神話に彩られ、未知なる世界へとその輝きを放ちます。

 

そんなセルジュ・ルタンスから、2005年に発売されたChergui(シェルギイ)。テーマは「モロッコの砂漠の熱風」。けだるさに満ちたモロッコの地に、東方から熱風が吹き付けるようなイメージで創作された香水です。辺りの花や木々、果実など、すべてを一瞬にして吸い込んで赤いカーテンのように舞い上がり、熱の中それらを溶かし、結晶させる。風の去った後。香りだけが熱気のように残る。ローズの華やかな香りがアンバーとタバコの深く厚みのある香りとともに広がり、熱風のようなあたたかみのある香りがじわじわと感じる。官能的というよりも魅惑的。セクシーというよりもミステリアスなオリエンタルタイプの香り。イリスがほんのり品を与えながらも次第にタバコにハニーが絡み合ったしっかりコクを感じる香りがかっこいい印象へと導く。


フランスパリのメソッド、調香技術、スタイリング技法を学んだパルファンスタイリストが香水をご紹介!

香りは目に見えないもの。香水を纏う時は、香りの印象のみがあなたの印象へと刻み込まれます。