Bapteme du feu(バテムデュフー)/SERGE LUTENS(セルジュ ルタンス)


Profile

ユニセックス

2016年発売

オリエンタルタイプ

特徴的なノート:スパイシーノート

香りの構成:

パウダリーノート、タンジェリン、カストリウム、オスマンタス 、ウッディノート、ジンジャーブレッド


テーマは「炎の洗礼」。ジンジャーブレッドがキーとなる香り。

香水とは、感覚を呼び覚まし、エスプリ(精神)を高揚させるものと考え、付ける人の美意識を表現する 気体の宝石とも呼ぶべき香りを創作するフレグランスブランド、セルジュ ルタンス。セルジュ ルタンスは、夢の建築家、旅人として、彼が夢の中で描いた世界と幼少の頃の記憶、そして数々の神話に彩られ、未知なる世界へとその輝きを放ちます。

 

そんなセルジュ・ルタンスから、2016年に発売されたBapteme du feu(バテムデュフー)。テーマは「炎の洗礼」。

弾丸の香り、土埃の匂い、ジンジャーブレッドの甘さが複雑に混じり合うようなイメージで創作された作品。それは、生き残るために避けられない儀式。ジンジャーのスパイシーな香りがタンジェリンの爽快感とともに弾けるように香り、すっきりとした印象に。みずみずしさとスパイシーがしっかり香る。時間が経つと心地よく甘い香りがウッディノートとともに落ち着いた香りへと導いてくれます。


フランスパリのメソッド、調香技術、スタイリング技法を学んだパルファンスタイリストが香水をご紹介!

香りは目に見えないもの。香水を纏う時は、香りの印象のみがあなたの印象へと刻み込まれます。