Baiser Vole(ベーゼ ヴォレ) / Cartier(カルティエ)


Profile

レディース

2011年発売

フローラルタイプ

特徴的なノート:フローラルノート

香りの構成

トップノート:ガルバナム

ミドルノート:ローズ、ユリ

ラストノート:バニラ


百合の魅力をそのままに。フェミニンな女性へ

1847年、フランスにてルイ・フランソワ・カルティエにより設立されたジュエリーブランド、カルティエ(Cartier)。フランス王室貴族御用達のジュエリーブランドともされ、フランス以外の王族にもカルティエが広がり、イギリス国王エドワード七世より「王の宝石商、宝石商の王」と語られるほど、王侯貴族に愛され続けてきました。世界各国への旅や貴重な出会いからインスパイアされ、独自のスタイルを築き上げてきました。また取り扱うダイヤモンドをはじめとする宝石は、厳選された至高のジュエリーであり、デザインにおいてもモードを生み出すことをもとに、新しい素材を取り入れるなど革新を続けています。

 

そんなカルティエより2011年に発売された作品。盗まれたキスという意味。好きな花にユリと答える男性が多いのはなぜかという疑問から、ユリの花の魅力を再現したシングルフローラルの香りです。

 

瑞々しくナチュラルな百合の香り。清潔感もあり、気品もある。百合のおしろいのようなパウダリックな印象も感じ、フェミニンな女性を演出します。ボトルカラーの薄くピンクを連想させます。


フランスパリのメソッド、調香技術、スタイリング技法を学んだパルファンスタイリストが香水をご紹介!

香りは目に見えないもの。香水を纏う時は、香りの印象のみがあなたの印象へと刻み込まれます。