1932 / CHANEL(シャネル)


Profile

レディース

2013年発売

フローラルタイプ

特徴的なノート:アルデハイドノート

 

トップノート:アルデハイド、ベルガモット

ミドルノート:ジャスミン、ネロリ、ローズ、イランイラン

ラストノート:アンブレット、ベンゾイン、クマリン、イリス、ホワイトムスク、サンダルウッド、バニラ、ベチバー、オポポナックス


凛とした気品の感じるエレガントな女性へ

"レ・ゼクスクジフ"シリーズより2013年に発売された作品です。このシリーズは、シャネルの永遠のスタイルとエレガンスを象徴しています。それはどの作品もマドモアゼル・シャネルの伝説を物語っているかのように。より稀少な香料を用い調香されたシャネルのクリエーションの結晶です。

 

そンなシリーズの作品1932は、記念すべきジュエリーコレクションを発表した1932年の物語。ダイヤモンドの輝きをまとった香りをテーマにした作品です。そのジュエリーコレクションは、パリのシャネルの自宅で開催され、繊細な煌めきを放つダイヤモンドの月や星によるデザインは当時新しいスタイルとして賞賛されました。デザインは、シャネルがシャンゼリゼ通りを歩きながらパリの夜空を見上げた時にインスパイアされたようです。

 

フローラルの華やかな香りにアルデハイドを用いることで、煌めきのあるダイヤモンドを感じ、宝石のひんやりとした印象やインスパイアされた夜のパリのイメージを連想させます。このアルデハイドという香料は、何種類かあるものの1921年に発売された有名なNo5というシャネルのフレグランスもこの香料を使ったからこそ美しく、今も愛される香水となったのです。アルデハイドは女性らしさを、あるいは輝きを引き立てるような役割を果たします。凛とした気品の感じるエレガントな女性にぴったりの香りです。

掲載時:75ml 25,000円 200ml 46,000円


ジュエリーコレクションのPVを見つけたので、ご参考に

フランスパリのメソッド、調香技術、スタイリング技法を学んだパルファンスタイリストが香水をご紹介!

香りは目に見えないもの。香水を纏う時は、香りの印象のみがあなたの印象へと刻み込まれます。