· 

1-24 鈴虫(すずむし)/canoma(サノマ)


Profile

ユニセックス

2020年発売

フローラルタイプ

特徴的なノート:パウダリーノート

香りの構成:

ベルガモット、バジル、カルダモン、クローブ、サフラン、すみれの葉、ローズ、オークモス、シダーウッド、ミルラ、ラブダナム、カカオ


心地よくリフレッシュさせてくれるスパイスを特徴とした香り。

2020年、フランスパリで誕生したニッチフレグランスブランド”canoma(サノマ)”。日本人クリエイター渡辺裕太が香りのディレクションを。調香師はJean-Michel Duriez(ジャン=ミッシェル・デュリエ)。「上質な日常」をテーマとして、日本人が使いたいと思える「日本人のための香り」が誕生します。

 

そんなサノマより2020年に発売した1⁻24 鈴虫(すずむし)。

夏のうだるような暑さと湿った空気、蝉の鳴き声があたりを包み込む中、一瞬、ほんの一瞬だけ、乾いた、冷たい風が吹く。“夏の死”を悟る瞬間。この香水はそんな“夏の死”を感じる香りです。

 

香りは、湿気を表現したオークモスとシダーウッド、ミルラ、ラブダナムのウッディアンバーアコードがベースに香りつつも、カルダモンの涼しさに、クローブ、サフランとスパイシーな香りがアクセントとなり、シャープですっきりとした印象へ導きます。時間が経つとイリスが気品を与えてくれます。クールかつ清潔感を。スパイスがしっかりと香りますが、心地よくリフレッシュさせてくれます。


フランスパリのメソッド、調香技術、スタイリング技法を学んだパルファンスタイリストが香水をご紹介!香りは目に見えないもの。香水を纏う時は、香りの印象のみがあなたの印象へと刻み込まれます。